2013年11月30日

ネブライザー療法

2013-11-30 11.33.34.jpg




薬液を細かい霧状にして、鼻や口から吸入する治療をネブライザー療法といい,
鼻やのど、気管や肺などの治療に有効です。


 薬液を霧状にするために、ネブライザー(噴霧器)という器具が用いられます。
機械によっても異なりますが薬液を細かい霧状にし薬液を局所に直接投与できるため気道を浄化する効果も高く、また気道を加湿して絨毛運動を促す効果があります。
霧の粒を小さくすれば肺の末梢まで薬剤を到達させることもできます。



大きなメリットとしては口から飲む薬の場合は腸から吸収されて血液に溶けてから、さらに全身に廻って肺の組織に到達するため効率が悪いのですがネブライザーの場合直接患部に薬剤が届くため使用する薬の量が少量で済み、また、全身への薬の影響も少ないため、副作用が起こりにくいのです。


この治療によく用いられる薬剤は抗炎症薬、抗生物質、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン、気管支拡張薬(きかんしかくちょうやく)などで、調合された薬剤とは異なり病気によって病院内でブレンドを変えることができるのも大きなメリットです。


写真のわんちゃんは慢性の副鼻腔炎(人で言う蓄膿症)の子で、常に鼻がつまり呼吸困難があり、酷い時には鼻からどろっとした粘液と出血があり現在内服と合わせ、ネブライザーの治療を行っています。



犬猫の場合人と違ってマスクなどで吸入が行えないため、密閉された酸素室を利用しネブライザー療法を行います。

最近は少しづつですが症状は緩和し、今では花の通りもだいぶ改善され、出血や鼻漏も見られなくなってきました。



posted by kamiebetu at 16:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

2014カレンダー配布開始

2013-11-19 18.20.22.jpg




季節は11月中旬、初雪もひたひたと冬の足音が聞こえてきました。
2013年もあと1か月。
あっという間の1年でした。

毎年この時期は膀胱炎での来院の多い季節。

ペットたちの排尿回数には十分ご注意ください。
特に雄猫の場合、尿道結石などで尿道閉塞を起こすと命に係る場合もあります。
怪しいな?とおもったら早目のご来院を!



毎年恒例ですが、今年も2014年犬猫カレンダーの配布を開始いたしました。
今年も変わらぬデザインですが、好評な可愛いカレンダーとなっております。

部数に限りもありますので、お早目に。るんるん






posted by kamiebetu at 11:24 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

実習生と休診のお知らせ

1238170_295520033923587_1900994351_n.jpg



8月14日から酪農学園大学の看護科の生徒さんの実習が入っています。
10日間づつ、2名の受け入れで、現在2人目の子が頑張っております。

期間中は教育の意味もあり受付や診療の補助をして頂いております。
初めての慣れないお仕事なので、どうしても時間がかかりがちになり、患者様にもご迷惑を
おかけする事もあるかもしれません。
未来の看護士さんのため、暖かく見守って頂けたら幸いです。


****************************************************************
お詫びとお願い
9月は色々はずせない行事があり、休診が多くなっております。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

<休診日のご案内>
9月13日(金)午後から9月16日(月)までは都合により休診とさせて頂きます。
期間中院長は完全不在となりますので、緊急の場合は申し訳ございませんが近隣動物病院を
受診ください。

9月21日(土)は動物愛護フェスティバルinえべつ、会場準備のため午後の診療が休診
となります。
9月22日(日)は動物愛護フェスティバルinえべつ開催のため休診となります。
市内ほとんどの動物病院が休診となりますのでご注意ください。


posted by kamiebetu at 17:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

動物愛護フェステイバル in えべつ (どうぶつふれあい広場2013)

2013ポスター.JPG





今年度の動物愛護フェスティバルinえべつの詳細が決まりましたのでご案内します。

日 時 : 2013年9月22日(日)10:00〜15:00 雨天決行 入場無料 

会 場 : 酪農学園大学ローン(第一校舎前)  ペットの参加可

主 催 : 江別市小動物開業獣医師会  酪農学園大学

共 催 : 石狩振興局 江別市 


テーマ : 動物愛護フェステイバル in えべつ  〜 どうぶつふれあい広場2013 〜 


今年度のテーマ  “どうぶつふれあい広場2013” について
 昨年度はこれまでにないくらいの多くの子供さんが来場し、動物に触れ合うことが出来ました。大変好評だったため今年も”ふれあい“をテーマに企画しました。 

       
【 テーマに関連するブース 】
 ○ セラピー犬ふれあいコーナー (北海道ボランティアドッグの会)
 ○ 盲導犬とのふれあい、体験歩行 (公益財団法人 北海道盲導犬協会 )
 ○ ポニー乗馬体験( 酪農学園大学馬術部 )
 ○ 子牛哺乳体験・牛の赤ちゃん大集合( 酪農学園大学農場 )  
 ○ ヤギやヒツジのふれあいコーナー( 酪農学園大中小家畜研究会 )
 ○ 子猫とのふれあいコーナー (ツキネコカフェ) 

残念ながら今年度は移動ふれ合い動物園はスケジュールの関係でお休みです。

【 メインイベント内容 】
○ ワンワン運動会(リバティ・アイランド)
○ ディスクドッグによるデモンストレーション(DiscDogSapporo)
○ ドッグダンス(札幌ワンズ)
○ セラピー犬適性模擬テスト(北海道ボランティアドッグの会)
○ 犬のおしゃれコンテスト( 獣医保健看護学類 )
○ 犬のファッションショー (エス・ワン動物専門学校)
○ クイズ大会( 獣医保健看護学類 )
○ ドッグアジリティーの実演(北海道エコ・動物自然専門学校)


【 サブイベント内容 】
 ○ マイクロチップ装着実演・実施( 江別市小動物開業獣医師会 )
 ○ バター作り体験(米村牧場チーズ工房プラッツ)



【 テントブースのイベント内容 】

1) 江別市小動物開業獣医師会(総合案内、マイクロチップ普及啓発、装着、)
2) 酪農学園大学附属動物病院(研修医による伴侶動物健康相談、獣医さん体験 )
3) 酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類 
      (Wanちゃんお預かり・おしゃれ犬コンテスト、クイズ大会 ドッグカフェ 犬用おやつ販売など )
4)酪農学園大学農場 ( 牛の赤ちゃん大集合! 子牛の哺乳体験  )
5)とわの森三愛高校(オニコロ販売、野菜販売)
6)石狩振興局(飼育相談、ポスター展示、パンフレット配布)
7)公益社団法人日本愛玩動物協会北海道支部 (飼育相談・犬の制御について簡単なゲームで)
8)石狩振興局江別保健所(マイクロチップ判別実演など)
9) NPO法人北海道ボランティアドッグの会
  (セラピー犬模擬適性検査・セラピー犬ふれあいコーナー、パネル展示、パンフ配布など)
10) NPO法人あいがん動物を守るHOKKAIDOしっぽの会(啓発パネル展示、グッズ販売 マイクロチップ装    着協力 )
11) 公益財団法人 北海道盲導犬協会(盲導犬とのふれあい、体験歩行、チャリティグッズ販売)
12) DiscDogSapporo(Disc Dogデモ・体験 ルアーコーシング体験)
13) 潟潟oティアイランド( ワンワン運動会・ワンちゃん似顔絵ブース )
14) ヒロウチ愛犬学校(無料しつけ相談、おやつ販売 パネル写真展示 )
15) 米村牧場チーズ工房プラッツ(バター作り体験、乳製品試食販売)
16) 潟Cンターベット( ストラックアウト )
17) MPアグロ梶i サンプル配布・ノバルティスと合同 )
18) 共立製薬梶i ペットオーナー様向けセミナー フードサンプル提供 )
19) ZENOAQ日本全薬工業梶i マダニ予防啓蒙展示 )
20) DSファーマアニマルヘルス梶@(肥満予防に特化したフードサンプル提供 )
21) ノバルティスアニマルヘルス梶@(MPアグロと共同でフードサンプル提供 )  
22) 潟rルバックジャパン(犬の口腔ケア啓発、製品展示、説明 )
23) ゾエティス・ジャパン(株) (レプトスピラの啓蒙)
24) 学校法人高橋学園エス・ワン動物専門学校 ( 犬のファッションショーT部:学生作品 U部:一般参加    ・つめ切り、耳掃除、肛門腺絞り、リボン付け )
25) 札幌スクールオブビジネス(つめ切り、肛門腺処置、足裏カット、耳掃除、リボン付け) 
26) 北海道エコ・動物自然専門学校( ドッグアジリティーデモ体験、リボン付け、犬の心肺蘇生体験)
27) 吉田学園動物看護専門学校( つめ切り ) 
28) 学校法人経専学園 経専北海道どうぶつ専門学校 ( リボン、おもちゃ作り体験 )
29) アニコム損害保険梶i ペット保険に関する相談会 )
30) 札幌ワンズ (ドッグダンスショー、ドッグダンスミニ体験 )
31) どうぶつボランティア幸せなしっぽ( 伴侶動物に関するパネル展生協1F 、テントでの犬の預かり )
32) 酪農学園大学馬術部 ( ポニー乗馬体験、餌やり、蹄鉄、グッズ販売 )
33) 中小家畜研究会( 羊とのふれあい体験、羊毛フェルトのマスコット販売 )
34) NPO法人ツキネコ北海道・ニャン友ネットワーク
 (ネコ譲渡会、子猫とのふれあい、適正飼育の啓蒙、被災地パネル展など)   



posted by kamiebetu at 08:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

停留精巣(陰睾)

停留精巣(陰睾)

オスの生殖器官である精巣のうちの一つまたは両方の精巣が出生後にも陰嚢内に降りずに、腹腔内または鼠径部の皮下にとどまったままの状態を停留精巣といいます。
多くは遺伝的な原因で発生する先天的奇形です。

発生学的には、精巣は胎生期に腎臓の後方に発生し、成長に伴い体内を下降し、出生直後には鼠径部に位置します。
その後すぐ、通常10日から14日まで、遅くとも生後1か月までには陰嚢内に下降します。

イラスト参照

精巣下降.JPG























本来精巣は精子形成や男性ホルモンを産生する器官で体温より低い温度を保つため、ラジエターの働きをする陰嚢に位置するわけですが、精巣が陰嚢内に降りずに体内や皮下にとどまると高温環境のため精子形成が阻害され、生殖能力に影響を及ぼします。

また精巣が長い期間、高温環境におかれると精巣腫瘍の発生率も高くなります。

そのためなるべく若いうちに去勢手術を行うのが望ましいです。



手術的には鼠径部の皮下に睾丸を触る場合は、皮下を切開し睾丸を摘出しますが、皮下に見つからない場合は、腎臓の後ろから鼠径部までの腹腔内のどこかに精巣がとどまっている可能性があります。
そのため開腹手術が必要となります。


陰睾.JPG



















写真は鼠径部に1個精巣がとどまっている停留精巣の症例です。
指で押し上げている部分が睾丸になります。




posted by kamiebetu at 16:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

会陰ヘルニア

会陰ヘルニア

会陰ヘルニアは中高齢以降の雄に比較的多くみられる疾患で、原因は遺伝的要素、ホルモンの不均衡、解剖学的欠陥など諸説ありますが、確定はしていません。いくつかの要因が重なり合って起こるのではないかと言われています。
ただメスに比較して雄の発生が一般的で、多くは前立腺肥大を伴う未去勢雄であることから雄性ホルモンの関与も大きいと思われます。

会陰部は骨盤隔膜という複数の筋肉で構成され、直腸を支持すると共に骨盤内の臓器をしっかりと支える働きをしていますが、何らかの原因で筋肉と筋膜が薄くなったり欠損してしまうと腹腔内や骨盤内の臓器が会陰部の皮膚の下に脱出してしまい会陰ヘルニアが発生します。

会陰ヘルニア.JPG


会陰ヘルニアの症例
肛門の左横が膨れ、下にはカンマ状に彎曲した直腸が触る。さらに睾丸までの部分が膨れ、漿液も溜まっている。



筋肉群の委縮により直腸の支持が低下。会陰部に逸脱してしまうと、排便障害を引き起こします。(直腸憩室)

写真 2013-07-12 11 58 30.jpg

SURGEN Vol.1 No.5 1997 Sep.-Oct.より転載





症状としては肛門の片側、もしくは両側に腫脹があり、慢性的な便秘や、排便時のいきみが見られるとご来院されます。

治療方法としては外科的に骨盤隔膜の欠損部を閉鎖する手術を行います。(あいた穴をふさぐ)
残った筋肉を縫合し欠損を閉鎖する方法、シリコンなどの人工物を利用し閉鎖を行う方法など術式は様々です。
ただ進行した症例ではかなり欠損部も広く、筋肉の委縮の程度も酷い場合が多いので再発のリスクも高い病気となります。
同時に去勢手術も行います。


写真でも示しましたが、この子は肛門部に出来物(肛門周囲腺腫)も発生しています。
エコー検査では前立腺の軽度腫大も認められました。

肛門周囲腺腫
肛門周囲腺腫は肛門周囲にできものが出来る病気で、かなりの大きな塊となったり、複数のできものが発生することもあります。
発生には雄性ホルモン関与し、そのため去勢した個体ではこの病気の発生は殆どなく、また去勢をすることにより腫瘍のある個体でも退縮が期待できます。




**********************************************************************
休診のお知らせ
8月13日はお盆休みを頂戴します。
11日(日)は1時までの診療、12日は休診日に当たるため、連休となります。
宜しくお願い致します。
9月はフェスティバルなどもあり休診が多くなります。既にHPには掲載しておりますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

posted by kamiebetu at 09:19 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

前立腺肥大

前立腺肥大

前立腺は雄の精液の重要成分を産生する副生殖器で膀胱の後方に位置する臓器です。
前立腺の機能は雄性ホルモンと雌性ホルモンの2つのホルモンによって維持されていますが、加齢と共に性ホルモンのアンバランスが起こると、前立腺の容積が増加し肥大が起こります。これが前立腺肥大です。

前立腺が肥大し内部に空洞の袋が作られた状態を前立腺嚢胞、この嚢胞に細菌感染による炎症が発生し膿が溜まったものが前立腺膿瘍。前立腺に癌が発生したものが前立腺腫瘍と呼び区別します。

前立腺が大きくなると周囲の臓器を圧迫し、排尿障害や排便障害が発生します。
また感染や炎症がおこると疼痛を伴い、歩行異常や下腹部痛を示す場合もあります。


前立腺肥大の治療方法としては精巣摘出術がメインですが、高齢で麻酔が難しい場合には酢酸オサテロン(合成黄体ホルモン剤)という経口前立腺治療薬の投与も行われる事もあります。
前立腺嚢胞や腫瘍の場合には前立腺全摘出術必要になる場合もありますが、かなり難易度の高い手術になります。




今回は前立腺嚢胞と診断された高齢のラブラドールちゃんの症例をご紹介します。
来院の主訴は1週間前から調子が悪く、ぐったりして、オシッコの出が悪いのと立てないという事でした。

写真が初診時の下腹部のレントゲン像です。


skitch.jpg




黄色と赤の矢印に部分になにか大きな塊が見られます。場所的に膀胱や前立腺が考えられますので念のため膀胱造影をしてみたのですが、その写真が下

圧迫されたような膀胱の後ろに大きな塊が見られ、重度の前立腺肥大が疑われました。



前立腺造影時.JPG






造影時に採取されたオシッコは白濁した膿のような液体で尿の感染が疑われました。
その顕微鏡所見が次の写真
大量の細菌が尿に見られます。

尿の細菌.JPG




超音波検査やその他の検査の結果から前立腺嚢胞と診断。

手術も検討しましたが、全身状態が非常に悪いため、まずは酢酸オサテロンの投与と、尿の抗生剤感受性試験の結果を踏まえた抗生物質の投与で状態の改善を図り、その後精巣摘出術を行いました。


その後元気や排尿も正常に戻り、前立腺も縮小、元気に回復しています。
若いうちの去勢手術も前立腺の病気の予防には重要と思わました。



posted by kamiebetu at 16:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は子宮に細菌感染を起こし子宮内に膿が溜まってしまう病気で、多くは6歳以上のメスに発生することが多いが、若い個体でも発生は見られる。
原因は発情周期に分泌されるホルモンの影響が大きく、それにより細菌に対する抵抗力が弱くなるためと言われています。

症状としては食欲減退、多飲多尿、嘔吐、膣からの膿状や血様のオリモノの排出が起こります。


蓄膿.JPG























<膣からのオリモノによって汚れた外陰部>


症状が進行すると、細菌により分泌される毒素(エンドトキシン)により多臓器不全を起こしたり、お腹の中で子宮が破れたりした場合は重度の腹膜炎を起こし死亡する事もある怖い病気です。

治療法としては外科手術が基本となりますが、全身状態が悪い事も多くハイリスクな手術となります。
また感染子宮を完全に取り除いても、エンドトキシンは術後にも残り、悪影響を残す場合もあるので、術後も注意が必要です。

予防のため、子供をとる予定がないのであれば、若いうちに避妊手術を行う事も一つの方法です。


SketchGuru_20130708084428.jpg


















<イラストは摘出した子宮蓄膿症の子宮>

犬猫の子宮はYの字形をした臓器で10Kの犬では太さ1.5cm位ですが、この症例は子宮蓄膿症によりパンパンに膨れ内部には大量の膿が溜まっています。

一般的な避妊手術の場合、子宮蓄膿症の手術と同様に、卵巣から子宮にかけての全てを摘出してしまうため、同時に卵巣や子宮の腫瘍などの発生も抑えることができます。



posted by kamiebetu at 10:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

性ホルモンの関係する病気

暦は早くも7月中旬を迎えようとしています。
皆様、狂犬病予防注射やフィラリア予防は、もうお済みですか?
まだだ。という方は早めのご来院をお願い致します。


今年はGWから寒い日が多く、この夏は冷夏になるのか?
なんて心配していましたが、ここ数日真夏日で、夜も熱帯夜の日が続いています。

関東では熱中症のニュースが頻繁に報じられていますが、我が北海道も他人ごとではないようです。
特に愛犬・愛猫ちゃんたちは毛皮に覆われ体温調整が苦手な動物です。
くれぐれも熱中症にはご注意ください。


ここ数日夜も寝ないでウロウロしていた。
と仰る飼主さんが結構いらっしゃいます。
高温も関係していたのでは?と推測しています。


また日中の散歩も、この好天。
アスファルトはかなり熱くなり、パットの火傷や輻射熱の影響も充分注意する必要があります。
涼しい時間でのお散歩と、日中もこまめな給水に心がけてください。





話は変わりますが、ここしばらく性ホルモンの関与する病気の子の診療が何故か続きました。
不妊・去勢手術をしていれば・・・。
という患者様のお声も何度かお聞きしました。

という訳で、これから何回かに分けて性ホルモンの関与する病気について記載したいと思います。



今回はイントロダクション。

不妊・去勢のメリット、デメリットについて軽く書きたいと思います。

メリット
 * 予期せぬ妊娠を予防
 * 生殖器や性ホルモンの関係する病気になりづらくする。

<メスの場合>
子宮蓄膿症や子宮水腫に罹らなくなる。
卵巣や子宮の腫瘍の発生も予防出来る。
乳腺腫瘍の発生頻度も低下するという説もある。
膣腫瘍の発生が低下。

<オスの場合>
精巣腫瘍の発生の予防
潜在精巣の除去
肛門周囲腺腫の発生が低下
前立腺の病気(過形成・嚢胞・腫瘍)の発生が低下
会陰ヘルニアになりづらくなる。

(代表的な病気のみ記載しました。病気の詳細は次回以降に順次記載していきます)


デメリット
* 子供が作れなくなる。
* 太りやすくなる傾向がある。
* ごく、ごくマレに、ホルモン性尿失禁やホルモン性の皮膚炎が発生する場合がある。




上記のような病気は中高齢以降で発生することが多く、年齢が上がると手術に対するリスクも高くなります。
子供を取る予定がないのであれば、早めの避妊・去勢手術も有効だと思います。




*************************************************************************
ペットホテルは随時受付中。
事前予約制になりますので、お電話にてご予約ください。

ワクチンの往診も可能です。ご相談ください。
posted by kamiebetu at 18:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

岩合 光昭写真展 「ねこ歩き」

世界中をフィールドに活躍する動物写真家・岩合 光昭さんの写真展が札幌三越で8月6日(日)から8月12日(月)まで開催されます。



写真 2013-07-04 9 50 48.jpg



前作は全国で50万人も動員し大好評だったとの事。

「ネコの動きをみれば、ヒトの動きも見えてくる」と仰る岩合さん

今回はどんな猫たちの姿を見せてくれるのでしょうか?



当院にも獣医師会からご招待券を頂戴しております。
数に限りはございますが差し上げますので、ご興味のある方は院長までお声をお掛けください。




招待券も可愛いですハートたち(複数ハート)


写真 2013-07-04 9 51 32.jpg
posted by kamiebetu at 10:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする