2015年07月24日

耳疥癬

前回、前々回とニキビダニ、皮膚疥癬の症例をご紹介しましたが、昨日は耳ダニのこの来院がありましたので折角ですのでご紹介したいと思います。
なぜか寄生虫続きますね^^;


2015-07-23 18.08.46-1.jpg



耳疥癬

耳疥癬はミミヒゼンダニというダニが耳に感染する事によって起こる疾患で強い痒みと耳の中に真っ黒な耳垢が溜まるのが特徴的です。


耳鏡で耳の中をのぞくと動く白いダニを見つけることができ確定できます。
ミミヒゼンダニは犬にも猫にも感染し感染力も強い疾患です。


ただ人に感染する事はなく、また皮膚疥癬とは異なり感染部位も耳の中に限られます。
強い痒みのため掻きむしったり頭を強く降ったりすることで耳血腫(耳の耳介部に血が溜まる疾患)を併発する場合もあります。



治療方法としてはダニに効く駆虫剤としてイベルメクチンの注射やレボリューションというスポット製剤などを使用しダニを殺し、併せて耳の洗浄を繰り返すことで治していきます。


駆虫薬は卵には効きづらい事から、治療周期としてはダニのライフサイクルを考え(ダニは約3週間ほどで卵から成虫に成長する)最低でも2週から3週の間治療を繰り返します。
卵が残っているうちに治療を中止してしまうと再発してしまうので注意が必要です。



猫の場合には多頭飼いの場合も多く、1頭感染個体がいるとすべての子に感染している可能性が強く同居個体全てに治療を行わないとダニを回しあってしまい、いつまでも治療が完了しないこともあり厄介です。


外に出ている猫ちゃんで、なんか最近耳をよく掻くとか耳の中が真っ黒!
なんていうときには耳ダニを疑ってみてください。




********************************************************************
お知らせ
8月15日(土)から17日(月)はお盆休みを頂戴いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。



posted by kamiebetu at 18:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック