2016年05月24日

フィラリアの予防シーズンが始まりました。

フィラリア.JPG



今年は雪解けが早かったにも係らずGWに雪が降ったり、5月中旬なのに突然夏日やってきてクーラーを入れたりと寒暖の差が激しい変なシーズンですが、ようやくここ数日気候も安定し、初夏の陽気を満喫できる日がやってきました。


暦は5月下旬を迎え、そろそろ今年のフィラリア予防の開始時期がやってきました。


写真は心臓に寄生したフィラリア成虫のホルマリン標本で柴犬のわんちゃんの心臓の弁に絡みつき、ベナキャバシンドロームを発症した個体から取り出したものですが、フィラリアの怖いのは症状が進行しないと症状が発現しないところ。
進行すると頑固な咳や腹水の貯留など重度な右心不全の病態を発症します。
今年もシーズンの予防を行い愛犬を守っていきましょう。



予防期間は蚊の発生の1か月後、いなくなってダメ押しの1〜2か月の期間
フィラリアを持った蚊の吸血を防ぐ手段はありませんので、毎月1回の投薬を行い前月1か月に感染したかもしれないミクロフィラリアを駆虫していくというのが予防方法となります。
投薬開始の遅れや、不定期の投薬、早いシーズンでの投薬終了はミクロフィラリアが残ってしまい予防で駆虫できないステージに成長してしまう危険性があります。

投薬期間を守って今年もフィラリア予防頑張りましょう!



現在マダニの発生例も増えております。
散歩後の体のチエックに注意し、可能であれば予防を行いましょう。
今年は1回の投薬で3か月効く新しい薬も取り扱い開始しました。
スタッフまでご相談ください。


**********************************************************************
お知らせ
都合により6月4日(土)は休診とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。
尚正午までは看護士が待機しますので、内服・フード・爪切り等は対応させて頂きます。




posted by kamiebetu at 10:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする